【お金】大きな成功を収めるために必要な教えが学べる書籍「夢をかなえるゾウ1」について紹介!!

この記事は約14分で読めます。

大成功してお金を稼ぎたいと考えている人へ

大成功してお金もちになる方法ないですか?

「夢をかなえるゾウ1」って本おすすめやで!

今回は(著者)水野敬也さんが手がけた「夢をかなえるゾウ1」について紹介していきます。

この本では、うだつの上がらないサラリーマンが、突如現れたガネーシャという神様の助言のもと、大きな成功を収めていきます。

注目すべきは、その助言の仕方です!

ガネーシャは、世の中の偉人がどのようにして成功を収めたのかを教えてくれます。

しかし、冒頭で多くの人が「そんなんで成功するん!?」と感じますw

その助言に疑念を抱くと思いますが、すぐに意義が明確になっていく面白い小説になっています!

下記では、その助言をいくつか紹介していきます。

今回紹介する書籍

created by Rinker
¥1,595 (2024/06/15 09:05:20時点 楽天市場調べ-詳細)
書籍情報

〇書籍名:夢をかなえるゾウ1
〇著者:水野敬也
〇出版社:‎文響社

書籍内容

ガネーシャの教え
①靴をみがく
②コンビニでお釣りを募金する
③決めたことを続けるための環境を作る

①靴を磨く

お金と成功について

この本で一番最初に紹介されてるのが「靴を磨く」や!

え、そんなことでいいんですか?

なんと、1つ目の教えは「靴をみがく」なんです!


多くの成功者は、自分になくてはならないものに対して、日々、敬意を示しています。

「靴」とは私たちを支え、守ってくれていますよね。

つまり、靴に対して敬意を払う必要があります。

あのプロ野球選手の「鈴木一郎選手」も、自分のグローブなどを大切にしていたそうです!

「靴を磨く」ことで大成功につながるとは思えません。

「商売道具に対して敬意を示さない」ということは、「仕事に対してまっすぐな姿勢を持ち合わせてない」のと一緒なんや!

皆さんも、普段仕事で使っているものに感謝することが大切なのです。

大切なものに感謝をすることはそれだけ、自分の仕事に対してまっすぐ向き合うということにつながってきます

この本では「勉強」、「投資」のまえに基礎的で忘れていけないことがあるよ、と教えてくれているのです。

ガネーシャの教え①

靴をみがく
・商売道具に対して敬意を持つことは、それだけ自分が仕事に前向きであることを示す。

②コンビニでお釣りを募金する

愛とお金と成功について

2つ目は「コンビニでお釣りを募金する」なんや!

えー、ふざけてるんですか?

ふざけてないわw!

2つ目の教えは「コンビニでお釣りを募金をする」です!

「ほんとに成功につながるのか!?」と言い出したくなるような教えですよね。

でも、実際に一部の成功者は昔から募金をしているのです。

多くの成功者を出しているダヤ人の聖典「タルムード」にも「汝の収入の10%を分け与えよ」とあるのです。

皆さんは、

「自分だけがお金を儲けたいと考えている人」

「人を喜ばせたい、人の役に立ちたいと考えている人」

どちらを応援したいと思いますか?

多くの偉人たちは、後者のような考えを持っていたことで応援され、大きな成功を収めているのです。

前者の多くは、そのゴールまでたどり着く時間は、後者よりもはるかに長いものになると考えられます。

ここでは、「募金をする」ことそのものの行為を伝えたいのではなく、「人を喜ばせる、人の役に立つことが必要である」ことを伝えたいのだと考えています。

確かに~、偉人たちのものは私たちの役に立つものばかりですよね~

やろ~!

少し、教えに意義を感じてきました。

タルムードについても、そのうち紹介するで!

ガネーシャの教え②

コンビニでお釣りを募金する
・人を喜ばせることで、成功へと近づく!

③決めたことを続けるための環境を作る

お金と成功のために必要なこと

3つ目は「決めたことを続けるための環境を作る」や!

は~

これがいかに大切なことかわからんやろ?

3つ目の教えは「決めたことを続けるための環境を作る」です。

皆さん、こういう経験はありませんか?

「よし、明日はテレビを見ないようにして、やりたいことをやるぞ!」と心がけたものの、数日で元の生活に戻ってしまう、とか

「今月は3kg痩せるぞ!」といったものの、リバウンドするとかです。

この書籍では、「人間は意識を変えることはできない」と言っています。

しかし、それでも意識を変えようとする理由は、それが一番楽だからです!

想像に、大きなエネルギー使いますか?

僕は経験上、特にエネルギーを使った覚えはありません。

そこで、この問題を解決するのがこの「決めたことを続けるための環境を作る」なのです。

例えば、以下のようなことをすることで環境を変えられます。

環境を変えるための例

〇ご飯をいっぱい食べてしまう
→ごはんを誰かに買ってきてもらうようにする。
→家にあるすべてのお菓子を友達、親戚にあげる。

〇ついついSNSを触ってしまう
→アプリを削除する。
→スマホの利用時間制限を設定する

〇ゲームをしてしまう
→捨てる or 売る or あげる

本当に成長したいと思っているのなら、意識ではなく、環境を変えてみましょう!

ガネーシャの教え③

決めたことを続けるための環境を作る
・人は意識を変えることはできない。
・意識だけを変えることは、現状の自分に期待していること
・環境を変えることを優先する。

まとめ

今日、話した教えのまとめや!

ガネーシャの教え
①靴をみがく
・商売道具に対して敬意を持つことは、仕事に前向きであることを示す。
②コンビニでお釣りを募金する
・人を喜ばせることで、成功へと近づく!
③続るけための環境を作る
・人は意識を変えることはできない
・意識を変えることは、現状の自分に期待していること
・環境を変えることを優先する

今までの本の中にない助言ばかりですね~

せやろ!
これ以外に約25個の教えがあるで!

そんなにあるんですか!?

ガネーシャがおもろいから読み進めてまうで!
ぜひ読んでみてな!

わかりました!読んでみます!

ここまで、読んでいただきありがとうございました。

夢をかなえるゾウ1」の魅力は伝わったでしょうか?

「ガネーシャ」の他の助言が知りたいという方はぜひ、読んでみてください!

また、今回の話に出てきた「タルムード」についても、後々紹介していきますので、楽しみにしていてください!

関連書籍・その他おすすめの書籍

書籍情報

〇書籍名:ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集
〇著者:石角完爾
〇出版社:‎集英社

書籍情報

〇題名:本当の自由を手に入れる お金の大学
〇著者:両@リベ大学長
〇出版社:‎‎朝日新聞出版 (2020/6/19)

コメント